逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
暴行事件で逮捕されたらATOM

暴行で警察沙汰になった時

何をどうすればいい? 逮捕されたらどうなる?
刑務所行きになってしまう? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

じめまして。アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志と申します。このページをご覧の方は、何らかの形で傷害・暴行事件に関与してしまってお困りの方だと思います。慣れないトラブル、警察沙汰で困惑されていると思いますが、もう大丈夫です

暴行罪は刑法に定められた犯罪で、その刑罰は「2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料」と定められています。しかし、暴行罪で警察に検挙されても、検察庁に送致された後、不起訴処分を得ることができれば、あなたには絶対に前科がつかないので安心です。

前科とは、有罪判決を受けたことの過去をいいます。不起訴処分になれば、刑事裁判を受ける必要も、有罪判決になることも、罰金を支払う必要もないので、あなたに前科がつくことはありません。前科がつかなければ、その後の社会復帰がスムーズです。比較的簡単に、今までどおりの暮らしを取り戻すことができます。

また、暴行事件で逮捕されてしまった場合でも、弁護士が早期の段階で活動を開始することで、留置場からすぐ釈放されるケースも多いです。逮捕された後に勾留が決定されなければ、それ以上の留置場生活を強いることはできないからです。

私たちはこれまで数多くの暴行事件を受任し、解決してきました。暴行事件の解決のポイントは、相手方との示談です。相手方と示談が成立すれば、その後の刑事手続で有利になるばかりでなく、民事の賠償問題も解決することができるので、一石二鳥です。

暴行事件で警察沙汰になってしまっても、大丈夫です。不安にならず安心してください。落ち着いて対応することで、よい結果に近づきます。私たちと一緒に、このピンチから脱出しましょう。

暴行事件でお悩みならお電話を

解決事例とお客様の声

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

暴行で警察沙汰になった時

何をどうすればいい? 逮捕されたらどうなる?
刑務所行きになってしまう? 被害者と示談できないか?
bengoshi_p1

じめまして。アトム法律事務所の代表弁護士の岡野武志と申します。このページをご覧の方は、何らかの形で傷害・暴行事件に関与してしまってお困りの方だと思います。慣れないトラブル、警察沙汰で困惑されていると思いますが、もう大丈夫です

暴行罪は刑法に定められた犯罪で、その刑罰は「2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料」と定められています。しかし、暴行罪で警察に検挙されても、検察庁に送致された後、不起訴処分を得ることができれば、あなたには絶対に前科がつかないので安心です。

前科とは、有罪判決を受けたことの過去をいいます。不起訴処分になれば、刑事裁判を受ける必要も、有罪判決になることも、罰金を支払う必要もないので、あなたに前科がつくことはありません。前科がつかなければ、その後の社会復帰がスムーズです。比較的簡単に、今までどおりの暮らしを取り戻すことができます。

また、暴行事件で逮捕されてしまった場合でも、弁護士が早期の段階で活動を開始することで、留置場からすぐ釈放されるケースも多いです。逮捕された後に勾留が決定されなければ、それ以上の留置場生活を強いることはできないからです。

私たちはこれまで数多くの暴行事件を受任し、解決してきました。暴行事件の解決のポイントは、相手方との示談です。相手方と示談が成立すれば、その後の刑事手続で有利になるばかりでなく、民事の賠償問題も解決することができるので、一石二鳥です。

暴行事件で警察沙汰になってしまっても、大丈夫です。不安にならず安心してください。落ち着いて対応することで、よい結果に近づきます。私たちと一緒に、このピンチから脱出しましょう。

暴行事件でお悩みならお電話を

解決事例とお客様の声

無料相談から解決の流れ

暴行トラブルでお困りの方は、まずアトムの弁護士相談をご利用ください。ご家族が逮捕勾留されている方の相談や、スマートフォンアプリLINEを使ったメール相談は、相談料が無料なので安心です。逮捕案件以外についての弁護士との対面相談(有料)は、各支部事務所で対応しています。

法律相談では、弁護士から事件を解決するための提案やアドバイスを受けることができます。自分で解決することができる事件もあれば、弁護士に事件の解決を依頼した方がよい事件もあります。警察沙汰になっている暴行事件で、被害者の連絡先がわからない場合などは、弁護士しか示談できないので、弁護士に弁護活動を依頼するメリットが十分にあるといえます。

弁護士に弁護活動を依頼したい場合は、その旨を伝えてください。事務所の料金表にもとづいて、弁護士費用の概算を事前に見積もりします。着手金、成功報酬、実費日当の意味を説明し、それぞれの金額をご納得いただいてから契約を締結することができるので、安心です。弁護士費用に関してよく分からない点があれば、遠慮なく弁護士までご質問ください。

弁護活動は、契約書にサインを頂いてすぐスタートします。契約書には、弁護士費用の料金表や重要事項説明が書かれているので、後日のトラブルを予防することができます。暴行事件の場合は、多くのケースで相手方と示談交渉する必要があるため、弁護士費用とは別に示談金の用意を考える必要があります。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

twitter-timeline

Copyright © Takeshi Okano All Rights Reserved.